旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Archive [2010年03月 ] 記事一覧

川越城

2010/3/14川越城富士見櫓跡富士見櫓は川越城の中で最大のもので、三層三階もしくは二層二階であったと推定されている。川越城は、扇谷上杉持朝が1457年に家臣の太田道真・道元父子に命じて築城。川越城本丸御殿 保存修理工事中 (平成23年3月まで)1639年川越藩主となった松平信綱は川越城の本格的な拡張・整備を行う。川越城は、本丸、二の丸、三の丸等の曲輪、4つの櫓、13の門からなり、総面積9万8千坪余りの規模を持つ城郭と...

喜多院

2010/3/14鐘楼門慈眼堂慈眼大師天海を祀る御堂。徳川家光公の命により建てられた。慈恵堂(本堂)喜多院案内喜多院案内図大黒天庫裡・客殿・書院   拝観料400円(五百羅漢も含めて)1638年 川越大火で現在の山門をのぞき堂宇はすべて焼失。三大将軍家光公は堀田加賀守正盛に命じて、すぐ復興にかかり、江戸城紅葉山(皇居)の別殿を移築して、客殿、書院等に当てた。家光誕生の間、春日局間があるのはそのためである。・・・案...

仙波東照宮

2010/3/14中院から歩いて近くの東照宮へ仙波東照宮入口 随身門仙波東照宮は日光、久能山とならぶ三大東照宮の一つ。喜多院の一隅にある。徳川家康公の遺骨を久能山から日光に運ぶ途中、喜多院に4日間とどめ、家康の信任が厚かった第27世住職天海僧正が法要を営んだ。仙波東照宮は1633年天海僧正によって創建された。1638年川越大火で延焼。現在の仙波東照宮は3代将軍徳川家光が堀田正盛に造営を命じ1640年再建された。石鳥居拝殿...

中院(川越市)

2010/3/14足利駅から小山駅~宇都宮駅~川越駅下車歩いてまず最初に中院へ天台宗別格本山中院830年慈覚大師円仁によって創建された。芳道仙人の古跡であった仙波の霊場を天皇に奏上して勅許を得、一寺を建立して、星野山無量寿寺仏地院の勅号を賜る。この星野山無量寿寺仏地院が中院。1537年 北条氏綱が川越城を攻めの戦火にかかり、その後中興。1638年には川越大火により焼失等。当初の中院は喜多院の隣りに(今は仙波東照宮が建...

ホテル若桜(わかさ)

わか2010/3/13鑁阿寺の前のホテル若桜に泊る3/14 朝の散歩 ビジネスホテル若桜  鑁阿寺の反橋(太鼓橋)堀に白や赤の模様の鯉が泳いでいる。ホテルの6階の部屋より 鑁阿寺 桜門(仁王門)と反橋(太鼓橋)ホテルチェックイン15:00 チェックアウト10:00 着くとロビーラウンジでコーヒーサービス全ての水は健康を考えてマイナスイオン水。部屋はきれいでよかったが、テレビの型が古いのか写りが悪かった。朝食はパン、コー...

足利織姫神社

2010/3/13鑁阿寺から歩いて約8分足利織姫神社正面大鳥居左の石碑 徳富蘇峰撰文による「造営碑」229段登れば叶う縁結び足利織姫神社足利県立自然公園案内足利織姫神社は県立自然公園ハイキングコースの発着点。上の案内図の右下を拡大足利城跡足利学校、鑁阿寺を歩いたけれど、足利城はどこ? 帰ってからこの案内図を見て気がついた。足利織姫神社の右手のハイキングコースを登って織姫公園。もっと登って両崖山。両崖山に足利城...

足利氏館 

2010/3/13足利学校の隣り鑁阿寺 楼門 (仁王門、山門ともいう)1196年 足利義兼が足利氏館内に持仏堂をつくった。これが鑁阿寺という足利氏一門の氏寺となり現在に至っている。史蹟 足利氏宅跡の碑楼門及び反橋案内鐘楼 弘法大師御像道路脇にある石碑には徒然草第210段が刻まれている。源姓足利氏家系図境内案内 歴史・建物1 平安時代後期、源氏の祖、八幡太郎源義家の子義国、その子足利義康(足利氏祖)の二代にわたって...

日本最古の学校 足利學校

2010/3/13まちなか遊学館を出て右 足利學校遺跡の碑  左 孔子像入徳門 1668年の創建。1840年に入徳の額が掲げられた。 入徳門を入ると右側に受付、見学料400円 隣りで足利學校のビデオ(14分)を見る。孔子像孔子 紀元前552年~479年。中国春秋時代の学者。儒学の祖。魯国の曲阜に生まれる。その教えは「論語」にまとめられている。足利學校は孔子の教えを中心に易学、軍学を教えた。學校門1668年創建。足利学校のシンボルと...

まちなか遊学館

2010/3/13新宿から湘南新宿線で小山駅 両毛線足利駅下車織物のまちとして古くから栄えてきた足利を紹介している。八丁撚糸機近藤徳太郎先生年譜京都生まれ、明治時代の後半の足利織物業の近代化、技術革新に尽くした人。足利工業高校の最初の校長。足利銘仙竹下夢二の足利絵葉書足踏織機組紐織機ここで足利観光のパンフレットをいただく。近くの太平記館でも、お土産コーナー、休憩所、観光案内をしている。...

成田空港見学

2010/3/7アパホテルからホテルのシャトルバスで空港へゲートでパスポートか身分証明書の提示を求められる。第1ターミナルへ雨降り 雨降りだから予定を変えて来た空港今迄に成田空港を利用したのはニヨークに行った2回2003年 ノースウエスト航空2007年 コンチネンタル航空海外旅行はまだ慣れていなくて、緊張の連続だった。ターミナル連絡バスで第2ターミナルへ各ターミナルを約10分で結ぶターミナル連絡バス(無料)レストラン...

アパホテル<京成成田駅前>

2010/3/6外国旅行ではないけれど成田に泊るアパホテル(京成成田駅前)京成成田駅東口徒歩1分 JR成田駅東口徒歩5分チェックイン15:00 チェックアウト11:0015階建て、1階にコンビニ ローソンがあり、ホテル内1階に豆腐料理・和食のレストラン。新しくてセンスが良くきれいなホテル6階部屋よりカードをかざして部屋に入る。設備も新しい。26型液晶テレビ、羽根布団など。グループ300万人突破記念 キャンペーン中 リーズナブ...

成田山新勝寺

2010/3/6佐倉駅から成田駅へ雨の中 新勝寺への近道を行く総門成田新勝寺は真言宗智山派の大本山で、940年(天慶3年)寛朝大僧正によって開山され、以来千年余の歴史を持つ全国有数の霊地。仁王門  1831年(天保2年)再建大本堂 1968年(昭和43年)建立弘法大師によって敬刻開眼された不動明王を御本尊として、成田山で最も重要な御護摩祈祷を行う道場。三重塔 1712年建立 高さ約25m釈迦堂 1858年(安政5年)建立聖徳太子堂...

国立歴史民俗博物館

2010/3/6佐倉城址公園の隣り1983年(昭和58年)開館 「歴博」の愛称で親しまれている。国立歴史民俗博物館  入館料 420円日本の歴史と文化について、国内外の大学・研究所と連携・共同しつつ、総合的に研究し、その成果の公表方法のひとつとして展示を取り入れた国立で、最初の歴史博物館。約13万㎡の敷地に延面積約3万5千㎡の壮大な規模を有する歴史の殿堂。第1展示室 日本列島に人類が登場した旧石器時代から律令国家が成...

佐倉城

2010/3/6総武本線佐倉駅下車北口より彫刻通りを歩いて武家屋敷通りこの地は江戸時代、鏑木小路と呼ばれ、家老若林家をはじめ、佐倉藩政を支えた、上・中級武士の屋敷が立ち並んでいた武家屋敷だった。武家屋敷佐藤家の前を通り旧河原家住宅旧但馬家住宅、旧武居家住宅も一般公開していた。この道からひよどり坂を下り市民体育館前を通って佐倉城大手門跡佐倉城址センターへ天守模型三層四階自由広場の桜 桜と梅自由広場 桜、梅が...

水戸駅、スーパーホテル水戸

2010/2/21水戸駅水戸黄門 助さん格さん像駅の歩道橋にあり2010/2/20スーパーホテル水戸水戸駅よりも偕楽園臨時駅の方が近い。7階に泊る。フロントは2階。自動チェックインシステム機にお金を入れると部屋の暗証番号が記されたレシートが出てくる。天然温泉は男女時間制、フロントから鍵をもらって、フロント前の暖簾をくぐり階段を下りた1階にあり、温泉は気持よかったが行った時は混んでいた。部屋のバスは使わなかった。健康無...

大洗海岸

2010/2/21大洗大磯神社の石段を下りると太平洋神磯鳥居名勝として知られる大洗海岸の中でも特に日の出の美しさで知られる神磯鳥居。元旦には鳥居から昇る初日の出を拝もうと大勢の人が訪れる。大洗磯前神社と酒列磯前神社に祀られている二神(大己貴命・少彦名命)が光臨した地と言われ、その岩場に鳥居が建てられた。大洗灯台灯台としての役割は無く正確には灯柱。大洗漁港...

大洗磯前神社

2010/2/21一之鳥居交差点に建っている。高さ16m随神門江戸時代末期に建てられた。拝殿856年の創建で、本殿と拝殿は1690年(元禄3年)頃から水戸光圀と3代藩主徳川綱條により再建された。家内安全、海上安全の守り神として古くから信仰されている。本殿境内から太平洋が見える。下りて二之鳥居大洗神社は大洗岬の丘の上に鎮座している。...

大洗マリンタワー

2010/2/21水戸駅から鹿島臨海鉄道で15分 大洗駅下車 大洗駅観光名所をまわる「海遊号」大洗循環バスがある。駅で止まっていた「海遊号」は行く方向が違う。歩いて行けるとのこと 歩いて約15分大洗マリンタワー 60m フリーマーケット青空市場が開かれたいた。開館時間3月~8月 9:00~21:00 1F エントラスホール マリンシアター、海の展示コーナー2F 展望喫茶シーガル 50m3F 展望室 55m 展望室 330円3Fより...

水戸城

2010/2/21三の丸空掘り水戸城は北に流れる那珂川と南に広がる千波湖を天然の堀とし、石垣がなく全て土塁と空掘で構成されている。水戸城跡 (塁及び濠)案内大手橋徳川頼房公像徳川家康の11男として1603年(慶長8年)京都の伏見城で生まれた。7歳の時に徳川御三家の一つである水戸藩初代藩主となった。その後、頼房公の治世は53年に及び、水戸城の大修築、下町の造成、城下町の拡張や全領検地をはじめ、水利事業や藩職制の整備な...

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード