旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Archive [2010年06月 ] 記事一覧

雪山 平湯館より

以前撮った笠ヶ岳の写真載せます。2004/1/26の朝平湯温泉 平湯館より1/25 4人で松本からバスで 平湯温泉へ。松本は雪はなかったのに、平湯温泉はすごい雪でびっくり。平湯館1泊 ご馳走を食べて、雪の露天風呂に入って。平湯館よりここで「笠ヶ岳」と山の名を教えてもらった。雪おろしをしていた。平湯館からバスターミナルへ どこも見物しないで帰った。...

平湯温泉  平湯の森

2010/6/24平湯大滝より温泉街へ平湯温泉平湯温泉の発祥を伝える「白猿伝説」今から450年程前、甲斐の国の軍勢が飛騨に攻め入りました。このとき、疲労困憊した甲斐の国の兵士達がやっとの思いで平湯大滝までたどり着き、ぼんやりと滝を眺めていると、滝口から一匹の年老いた白猿が降りてきて、山中にこんこんと湧き出る温泉へと導いてくれました。これが平湯温泉の始まりと伝えられています。・・・・平湯大滝の案内より北アルプス...

平湯大滝(岐阜県)

2010/6/24松本バスターミナルから高速バス高山行きに乗車岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉へいくつものトンネルを抜けて平湯温泉バスターミナル ここで下車  松本から1時間25分で到着乗って来た松本電鉄バス平湯温泉は「北アルプスの十字路」日本を代表する観光地である「上高地」「乗鞍岳」「新穂高ロープウェイ」「飛騨高山」のはざまにあり、観光拠点になっている。笠ヶ岳 観光案内所で地図をゲット 平湯大滝に向かう。観...

魚津

2010/6/6金沢駅から北陸本線 魚津駅下車魚津駅前蜃気楼の 見える街 魚津お祭らしく 屋台魚津港魚津埋没林博物館魚津埋没林(天然記念物)の樹根を発掘した状態で保存・展示する博物館。蜃気楼に関する資料や大型ハイビジョン映像を見ることができる。海の駅「蜃気楼」蜃気楼展望スポットにある施設で、魚津港で水揚げされたばかりの魚が並ぶ。その場で味わえる食事処もある。不思議な街 魚津の三大奇観蜃気楼 4月~6月、暖か...

金沢駅口広場・もてなしドーム

2010/6/6長町武家屋敷跡から金沢駅へ6/4 金沢駅に着いた時の写真載せたけれど、再び載せます。明るくて、気持よいドームです。もてなしドーム  鼓門鼓門(つづみもん)   木製の巨大な門 百万石まつりの出発セレモニーはこの鼓門前で行われ、行列はここから出発した。東口広場・もてなしドーム内~~~~もてなしドーム~~~~この大屋根は、アルミ合金の立体トラスとガラスによる緩やかな曲線からなる日本最大級のドーム...

長町武家屋敷跡

2010/6/6ホテルより歩いて長町は藩政時代に加賀藩の上・中級武士たちが生活した武家屋敷が連なる町。黄土色の土塀 石畳の小道大野庄用水の流れ武家屋敷跡 野村家前野村家案内入館料 500円謁見の間   奥 上段の間 鬼川文庫 野村家の展示資料室蒔絵花卉宝船図重箱 江戸時代中期...

スマイルホテル金沢

2010/6/5金沢2日目の宿は片町スクランブル交差点の近くスマイルホテル金沢百万石踊り流しがすぐ近くだったから、チェックイン後、見に行った。7Fの部屋より部屋に入ったとたん狭いと思った。昨日のホテルが広かったから、少し慣れるとシングルって、これが普通の広さ。テレビだって、小さくて。白を基調とした清潔感を感じるホテル。朝食は1F 本格広東料理店7:00~ホテル予約時 朝食付きで申し込みバイキング味付け、お料理も...

第59回 金沢百万石まつり

ー金沢百万石まつりの由来ー藩祖前田利家が1583年(天正11年)金沢城に入城し、金沢の礎を築いた偉業を偲んで開催されるものです。2010/6/5出発式 14:00~金沢駅東口広場 百万石行列 14:20から 金沢駅東広場前→金沢中心街→金沢城公園(三の丸広場)入城祝祭 16:00~18:10 金沢城公園(三の丸広場) 金沢百万まつり横断幕音楽パレード吹奏楽団など軽快なマーチで次々に行進。ミス百万石この後 獅子舞行列 獅子舞保存会...

尾山神社

2010/6/5百万石祭りの行列をどこで見ようかと百万石通りを歩いていた。屋台の向こうに珍しい建物が目についた。屋台の向こうに尾山神社の鳥居、神門尾山神社 神門明治8年の建築で、和館洋の三様式を混用した異色の門。国の重要文化財に指定。5色のガラスがはめ込まれた最上階のご神火は、かつて金沢港を出入りする船の灯台の役割を果たしていた。拝殿尾山神社は加賀藩初代藩主前田利家を祀る神社利家公像織田信長に仕えた青年時代...

兼六園

2010/6/5石川橋を渡って日本三大名園の一つである兼六園へ桂坂口より入る今日は無料開放茶店通り(江戸町通り)噴水霞ヶ池霞ヶ池1837年(天保8年)に掘りひろげられた池で広さ5800㎡ 池の中の島は蓬莱島といい、不老長寿をあらわしており、また亀の甲の形をしているので別名亀甲島ともいう。池に建っているのは内橋亭。兼六園は江戸時代の代表的な大名庭園。そして、加賀歴代藩主により長い歳月をかけて形つくられてきた回遊式庭...

金沢城

2010/6/4近江市場より金沢公園へ大手掘金沢城石垣めぐり案内金沢城は石の博物館と呼ばれ、城内ルート10 城外周ルートをまわれば、金沢城の歴史、石垣に詳しくなると思う。が、今日はとりあえず、大手門から入ることにする。大手掘の石垣大手掘の石垣案内大手門(尾坂門)正面に大きな石上の写真の右の石垣大手門案内新丸広場より左 河北門  右 菱櫓河北門 2010年4月(今年の4月)復元された。河北門は金沢城の実質的正門で、...

近江町市場

2010/6/5ホテルより金沢城に行く途中市場を覗いてみる。カニが並んでいる。藩政期以降、290年もの間、金沢の食文化を支えてきた「金沢市民の台所」。狭い路地の両側に、鮮魚や青果など様々なお店がずらりと並んでいる。...

シティホテル金沢

2010/6/4高岡駅から電車 約40分で金沢駅 東口に出る。金沢駅東広場第59回 金沢百万石まつり 6/4~6/6  駅から歩いて8分  ホテルへ直行金沢シティホテル  9階建て チェックイン 明日の朝食650円申し込む、おしぼり、新聞、アミューズメントをもらって、7Fの部屋へ。広くてきれいでびっくり。値段からは想像できない部屋。リラクゼーション・ルーム マッサージチェアが窓際にあり、使い放題。テレビも大きく満足。*金...

前田利長公墓所

2010/6/4瑞龍寺門前から真直ぐ石畳の道を歩いて八丁道前田利長の墓所と瑞龍寺を結ぶために、近世初期につくられた参道。延長がおよそ8町(約870m)あることから、八丁道と呼ばれるようになった。その昔は58基の石灯籠が立ち並び壮観だった。現在でも当時の石灯籠が34基残っている。瑞龍寺前 前田利長公墓所案内前田利長公之像前田利長公墓所入口うっそうと木が生い茂っている。前田利長墓所利長の廟は2段構造の方形墳墓で、全面...

瑞龍寺

2010/6/4高岡古城公園から15分位歩いて高岡駅駅の北口から入って南口に出て真直ぐ行くと八丁道 右に曲がると瑞龍寺。(観光案内所で切符があったら駅を通るといいと教えてもらっていた。)高岡駅から瑞龍寺まで歩いて10分位。総門    拝観料500円加賀百万石の重厚を表現した門で、正面三間の薬医門形式で正保年間の建立。高岡山 瑞龍寺案内加賀藩3代藩主前田利常が兄の利長の菩提を弔うために建立された。瑞龍寺伽藍復元図山...

高岡城

2010/6/4高岡大仏から歩いて4分駐春橋橋より左手 南外濠橋より右手 南外濠高岡市立博物館 入館無料高岡の歴史・民俗・産業に関する資料を収集保管するとともに、高岡の伝統産業である鋳物・漆芸と、商都「高岡」の繁栄の歴史に焦点をあてた調査研究・展示活動を基本に、特別展・企画展や講演会を実施している。高岡古城公園案内高岡古城公園案内図奥は射水神社今も残る築城時の石垣高岡城跡 石垣の案内射水神社本丸広場前田利...

大佛寺・高岡大仏

2010/6/4北陸本線高岡駅下車 歩いて10分大佛寺  浄土宗 山号 鳳徳山道路から高岡大仏が見える。高岡大仏   高岡銅器の技術を結集してつくられた高岡大仏。2007年化粧直しが行われた。地上からの総高15.85m 座高7.43m 円光背4.54m 総重量65トン台座の中に入ってお参りして鐘(お鈴、おりん)をたたくと素晴らしい音色がひびき ここは高岡だ!! あまりにも良い音色だったからもう一度たたく。台座の中には、かつて...

明野温泉太陽館

2010/6/2ハイジ村から歩いて10分位下って明野温泉太陽館で入浴4~10月AM10:00~PM9:00 11~3月PM8:00まで 火曜日休み 入浴料700円泉質 ナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉明野町は日照時間が日本でも有数。明野温泉は太陽光発電を利用している。ロビーからは180° 浴室90°の展望。スチームサウナ、畳敷きの休憩室などある。左手には田舎料理「明野薬膳」そば工房「明野」もあり、「食と健康」をテーマにした宿泊もできる...

山梨県立フラワーセンター・ハイジの村

2010/6/2中央線韮崎駅下車 みずがき山荘行バス約30分バスは広々した平原を走る。ハイジの村 春のばら祭り( 5/29~6/30)へアルプスの少女ハイジをイメージした花と星のテーマパーク 入園料500円展望塔村の教会様々な展示会、演奏会、パーティー、結婚式など行われる村の教会。レストラン、カフェ、パン屋さん、食品店などアルムの山での食事をイメージしたお店が並んでいる。バラの温室があり、、展望塔はエレベータでも階段...

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード