旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

川越城

2010/3/14
094_convert_20100330151211.jpg
川越城富士見櫓跡
富士見櫓は川越城の中で最大のもので、三層三階もしくは二層二階であったと推定されている。
川越城は、扇谷上杉持朝が1457年に家臣の太田道真・道元父子に命じて築城。
095_convert_20100330151256.jpg



096_convert_20100330151356.jpg
川越城本丸御殿 保存修理工事中 (平成23年3月まで)
1639年川越藩主となった松平信綱は川越城の本格的な拡張・整備を行う。
川越城は、本丸、二の丸、三の丸等の曲輪、4つの櫓、13の門からなり、総面積9万8千坪余りの規模を持つ城郭となった。
本丸御殿は1848年に藩主松平斉典が造営したもの、当初16棟、1025坪の規模を誇っていた。現在は玄関、広間部分と移築復元された家老詰所が残っている。
099_convert_20100330151532.jpg
川越城図


100_convert_20100330171859.jpg
江戸図屏風に見る川越城
江戸図屏風の川越城は松平信綱による拡張前の姿を描いたものとして知られている。本丸部分左側に三芳野神社、右側に城内の殿舎が配されています。また左下の日傘に隠れた人物は三代将軍家光と考えられており、川越との深い関係がうかがえます。案内より
(3/6に国立歴史民俗博物館に行ったばかりで江戸図屏風があってたがよく見なかった。)
101_convert_20100330151654.jpg
川越市立博物館 入館料 200円
川越城・蔵造り・川越まつりなどの展示を中心に川越の歴史をわかりやすく紹介している。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/207-a7cf618c

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード