旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

もみじの永観堂(京都)

2010/11/17
新幹線で京都駅
市バス1日フリーパスで 東山 もみじの名刹永観堂へ
秋の寺宝展  11/6~12/5
今年は長谷川等伯の没後400年にあたり、永観堂所蔵の等伯一門による襖絵を展示。
波涛図 秋草図 檜原いろは歌
瑞紫殿 火除けの阿弥陀如来像、不動妙王、愛染明王
釈迦堂 釈迦・文殊・普賢の釈迦三尊を中心に、雲仙普賢岳と鳴門のうず潮をイメージして描かれた関口雄揮画伯の襖絵「二河白道図」
阿弥陀堂 御本尊「みかえり阿弥陀如来」
豌ク隕ウ蝣・125_convert_20101121114224
総門


豌ク隕ウ蝣・005_convert_20101121114259



豌ク隕ウ蝣・008_convert_20101121114329
中門
寺宝展 拝観料 1000円

豌ク隕ウ蝣・010_convert_20101121114359



豌ク隕ウ蝣・013_convert_20101121111615
大玄関


豌ク隕ウ蝣・015_convert_20101121111644



豌ク隕ウ蝣・023_convert_20101121111750
唐門
天皇の使いが出入りするときに使われた勅使門。釈迦堂との間に盛り砂がつくられている。勅使はこの盛り砂を踏んで身を清めてから、中に進んだ。
豌ク隕ウ蝣・028_convert_20101121111825



豌ク隕ウ蝣・033_convert_20101121111957



豌ク隕ウ蝣・034_convert_20101121114546



豌ク隕ウ蝣・039_convert_20101121114616
多宝塔の上の一部が見える


豌ク隕ウ蝣・045_convert_20101121114735



豌ク隕ウ蝣・046_convert_20101121120656



豌ク隕ウ蝣・048_convert_20101121120731



豌ク隕ウ蝣・052_convert_20101121120804
阿弥陀堂


豌ク隕ウ蝣・056_convert_20101121120836
鐘楼


豌ク隕ウ蝣・061_convert_20101121114433
阿弥陀堂
ご本尊「みかえり阿弥陀如来」を拝観。
5年かけて彩色復元工事も完成し、阿弥陀堂は内外とも慶長年間の彩色に復元された。

みかえり阿弥陀と永観律師
1082年(永保2年)2月15日早朝。阿弥陀堂に人影がうごく。夜を徹して念佛行に励んでいる僧侶がいるらしい。東の空がしらじらとし始めた。ふっと緊張がとけた一瞬、僧は息をのんだ。自分の前に誰かがいる。それが誰か気がついて、足が止まった。「永観、遅し」
ふりかえりざま、その方は、まっすぐ永観の眼を見つめられた。永観堂禅林寺のご本尊は、首を左にかしげ、ふりむいておられます。・・・・・

豌ク隕ウ蝣・065_convert_20101121120943
御影堂


豌ク隕ウ蝣・066_convert_20101121121047
石段を上って


豌ク隕ウ蝣・068_convert_20101121121116



豌ク隕ウ蝣・069_convert_20101121123319



豌ク隕ウ蝣・072_convert_20101121123353
多宝塔


豌ク隕ウ蝣・074_convert_20101121123424
多宝塔前より


豌ク隕ウ蝣・076_convert_20101121123455
多宝塔前より京都の街を一望


豌ク隕ウ蝣・077_convert_20101121123527
紅葉の中を下って


豌ク隕ウ蝣・078_convert_20101121123559



豌ク隕ウ蝣・085_convert_20101121123636
放生池 極楽橋


豌ク隕ウ蝣・089_convert_20101121123717



豌ク隕ウ蝣・090_convert_20101121124901



豌ク隕ウ蝣・095_convert_20101121124936



豌ク隕ウ蝣・098_convert_20101121125012
多宝塔


豌ク隕ウ蝣・106_convert_20101121125046
画仙堂
秋の寺宝展 特別公開 障壁画 関口雄揮画伯の「浄土変相図」
浄土の霊峰 彩る 月の雫など
豌ク隕ウ蝣・114_convert_20101121125117
多宝塔


豌ク隕ウ蝣・123_convert_20101121125146
今年4月 永観堂の前を通った時、楓の新緑がきれいだった。が、時間がなく。今日は真っ先に永観堂拝観。紅葉の中、寺宝展もあって、見ごたえ十分。

永観堂の正しい名称は聖衆来迎山禅林寺と云い、浄土宗西山禅林寺派の総本山
9世紀前半の文人として知られる藤原関雄の山荘があったこの地に、弘法大師の高弟真紹僧都によって855年(斉衡2年)に創建。862年(貞観5年)に清和天皇より勅許によって禅林寺の寺号を賜り、以来禅林寺と号している。特に禅林寺を「永観堂」と云うのは、永観律師がこの寺に住し、佛の慈悲教えを実践され、念佛信仰をすすめられた、その遺徳を慕って、永観堂という。

(夜の特別拝観 本堂拝観とご本尊みかえり阿弥陀如来参拝 ライトアップ 11/6~11/30 午後5時半~9時)
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/336-45d7a79c

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード