旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

金閣・鹿苑寺

2010/11/18
驥鷹魅蟇コ+001_convert_20101124123608



驥鷹魅蟇コ+002_convert_20101124123652
金閣 鹿苑寺案内


驥鷹魅蟇コ+003_convert_20101124123725
総門  
世界遺産 金閣 鹿苑寺の石碑
拝観料 400円
驥鷹魅蟇コ+006_convert_20101124123803
唐門
右 舟形石

驥鷹魅蟇コ+007_convert_20101124123833
鐘楼


驥鷹魅蟇コ+011_convert_20101124123908
金閣  池泉回遊式庭園  
見た瞬間  誰もがハッとさせられるほど 光り輝いていた。
庭園 金閣の前にある鏡湖池を中心とし、葦原島など大小の島々や、当時の諸大名がきそって石を献納してその名が付けられた畠山石や赤松石・細川石などの名石が配されている。西の衣笠山を借景としたこの庭園は室町時代の代表的な池泉回遊式庭園で、国の特別史跡及び特別名勝に指定されている。
驥鷹魅蟇コ+014_convert_20101124123945



驥鷹魅蟇コ+020_convert_20101124161201
金閣 舎利殿
二層と三層は、漆のうえから純金の箔が張ってあり、屋根は椹の薄い板を何枚も重ねたこけら葺きで、上には中国でめでたい鳥といわれる鳳凰が輝いている。
一層は寝殿造りで法水院
二層は武家造りで潮音洞
三層は禅宗佛殿造りで究竟頂とよばれ、三つの様式を見事に調和させた室町時代の代表的な建物。
中には仏舎利をおまつりしている。
驥鷹魅蟇コ+025_convert_20101124124026
鏡湖池に映る金閣


驥鷹魅蟇コ+034_convert_20101124130738



驥鷹魅蟇コ+038_convert_20101124130815
中央に 陸舟の松
義満が自分で植えたと言われている。

驥鷹魅蟇コ+039_convert_20101124134351



驥鷹魅蟇コ+045_convert_20101124131052



驥鷹魅蟇コ+046_convert_20101124131125



驥鷹魅蟇コ+050_convert_20101124134632
龍門の滝
鯉が滝を登ると龍になると言われる中国の故事「登竜門」に因んだ「鯉魚石」が置かれている。この手前に義満お茶の水に使ったと伝えられる「銀河泉」、手を清めた「巖下水」がある。
驥鷹魅蟇コ+051_convert_20101124134715



驥鷹魅蟇コ+056_convert_20101124134802



驥鷹魅蟇コ+058_convert_20101124134840
白蛇の塚


驥鷹魅蟇コ+061_convert_20101124134910
夕佳亭
江戸時代の茶道家・金森宗和がこのんで数寄屋造りの茶席で、夕日に映える金閣が殊に佳いと言うことから「夕佳亭」名付けられた。

驥鷹魅蟇コ+067_convert_20101124140157



驥鷹魅蟇コ+069_convert_20101124140227
不動堂
は温存は弘法大師が作られたと伝えられる石不動明王。

驥鷹魅蟇コ+072_convert_20101124140257

金閣・鹿苑寺
お釈迦様のお骨をまつった舎利殿「金閣」が特に有名なため、金閣寺とよばれていますが、正しくは「鹿苑寺」と言い、臨済宗相国寺派の禅寺です。(1994年、世界文化遺産に登録されました。)この地は、鎌倉時代に西園寺公経の別荘北山第が在りましたが、足利3代将軍義満が大変気に入り、1397年(応永4年)に西園寺家から譲り受け、山荘北山殿を造りました。金閣を中心とした庭園・建築は極楽浄土をこの世に現したと言われ、後小松天皇(一休禅師の父)をお招きしたり、又、中国(明国)との貿易を盛んにして文化の発展に貢献した所で、この時代の文化を特に北山文化と言います。義満の死後、遺言通り夢想国師を開山(初代の住職)として義満の法号鹿苑院殿から二字をとり、鹿苑寺と名づけられました。  案内より


スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/337-0a3adae7

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード