旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

旧古河庭園

2011/1/3
六義園から駒込駅前を通り本郷通りを下って
旧古河庭園 001
洋館
入園料 150円 65才以上70円 (建物内は見学できなかった。)
旧古河庭園
武蔵野台地の斜面と低地という地形を活かし、北側の小高い丘には洋館を建て、斜面には洋風庭園、そして低地には日本庭園を配したのが特徴です。この土地はもと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、宗光の次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。(当時の建物は現存していません。)
現在の洋館は洋風庭園の設計者は、明治から大正にかけて、鹿鳴館、ニコライ堂、旧岩崎邸洋館などを手掛け、日本の建築界に貢献した英国人建築家のジョサイア・コンドル(1852~1920)です。・・・案内より

旧古河庭園 004



旧古河庭園 009
馬車道をボランチェアさんの案内で下って。


旧古河庭園 020



旧古河庭園 021
日本庭園      心字池
日本庭園の作庭者は、京都の庭師・植治こと小川治平衛(1860~1933)で、洋風庭園にも勝るとも劣らない魅力的な名園を造りあげています。旧古河庭園は、大正初期の庭園の原型を留める貴重な存在であり、2006年(平成18年)国の名勝に指定されました。


旧古河庭園 042



旧古河庭園 047



旧古河庭園 053
西洋庭園


旧古河庭園 057
石造りの洋館


旧古河庭園 061
バラの季節に来たいところ。


旧古河庭園 062-1
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/355-49c796d6

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード