旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

唐招提寺

ここで1か月以上前 伊賀上野城から奈良に行った旅を載せます。
2011/3/28
奈良駅からバスと唐招提寺へ
唐招提寺 (4)
南大門  拝観料600円


唐招提寺 (5)
南大門より金堂


唐招提寺 (8)
世界遺産
古都奈良の文化財 唐招提寺

唐招提寺 (10)
金堂 国宝
国宝金堂平成大修理のあゆみ
国宝金堂はこれまで4回の大修理を受けましたが、1995年(平成7年)の阪神淡路大震災を契機にして行われた調査により、構造上の欠陥も指摘され、屋根裏に補強材を追加する構造補強などの解体修理を行いました。また、年輪年代法による測定の結果、軒の木材が781年(天応元年)に伐採されたものと分かりました。これは、金堂の建立年代にかかわる重要な発見でした。金堂大修理に伴い国宝の廬舎那仏、薬師如来像および千手観音像の巨大な乾漆仏も造像以来、初めて堂外に出て修理されました。これらの修理により金堂および諸尊の威容を取り戻すことができました。10年間多くの方々のご縁と熱意をいただいて、創建1250年にあたる2009年(平成21年)秋に国宝金堂平成大修理の落慶法要が無事執行されました。・・・

唐招提寺 (12)
鼓楼 礼堂


唐招提寺 (16)
講堂 国宝


唐招提寺 (15)
経蔵


唐招提寺 (17)
鐘楼


唐招提寺 (25)



唐招提寺 (26)



唐招提寺 (28)



唐招提寺 (31)



唐招提寺 (33)



唐招提寺 (35)
御影堂 門


唐招提寺 (37)
御影堂玄関


唐招提寺 (44)
醍醐井戸


唐招提寺 (46)



唐招提寺 (47)



唐招提寺 (50)



唐招提寺 (51)



唐招提寺 (52)



唐招提寺 (54)
鑑真和上廟所


唐招提寺 (63)



唐招提寺 (70)

唐招提寺
唐招提寺は奈良時代 759年(天平宝字3年)、平城京の右京、和上が新田部親王の旧地を賜って創建された鑑真和上の私寺から始まります。まず平城宮内の朝集殿を賜って法を説くべき講堂とし、諸堂が整えられました。和上が遷化(763)した後、和上とともに来朝した二世法載、三世義静を継いだ中央アジア系の碧眼の僧、如宝の時代に、伽藍の中心である金堂は完成しました。・・・

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/391-e27f10a3

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード