旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

門司港へ

2005/8/6
朝 小倉城(前に記載)を見て小倉駅に 
門司港駅が意外に近い、電車の本数も多い。ちょっと行って見ることに。
74000031_convert_20090330223807.jpg
門司港駅 小倉駅から電車15分 立派な建物
門司港駅は1914年(大正3年)に建てられた九州で最も古い木造の駅舎。
駅としては全国で唯一の重要文化財ネオ・ルネッサンス様式といい、左右の造りが対象的なのが特徴だそうです。旧門司三井倶楽部、旧門司税関、旧大阪商船の辺を歩き、海辺で釣りをしてる人に、あの向こうに見える橋はなんていう橋?
関門橋で向こうはもう本州 え! ほんとに
*門司港はすごく心地よい 青い海 広い空 ふりそそぐ太陽 空気まで青い*
74000034_convert_20090330232404.jpg
はね橋  ブルーウイングもじ
日本唯一の歩行者用跳ね橋 全長108m 1993年(平成5年)完成

74000035_convert_20090330224150.jpg

門司港レトロ展望室へ
高層マンションの最上階31階が展望室 
(入口からエレベーターで高層マンションの屋上に行く感じ)
高さ103m 門司港も関門海峡も見渡せる 300円

74000036_convert_20090331004351.jpg
関門橋  吊橋 長さ1068m 1973年(昭和48年)完成
こちらが九州 橋の向こうは本州 下関。
橋を渡ると源平の戦いが行われた壇ノ浦がある。
本州と九州がこんなにも近く。海辺の人は見える位置で生活している。
あとで知った事 新幹線が通る新関門トンネル、高速自動車道の関門橋、
関門トンネルは車道の下に歩道があって、本州と九州間をを歩いても渡れる
門司港から下関唐戸行きの連絡船、巌流島遊覧船がが出ていた。
予定なしで門司港に来たけれど、来てよかった。小倉駅に引き返し新幹線に乗って帰宅。
この旅の宮崎で
8月2日 夕方家を出て新幹線で小倉へ夜11時半頃 ホームは混雑していたドリームにちりんに乗り換える指定席とっておいてよかった。朝 飛行機でもないのに宮崎空港着 高速バスで宮崎の家に
宮崎で  孫の長女がおにぎりを作ってくれた(母親は仕事中)
二女とプランターつくりに参加して板からのこぎりで切ってお弁当持参だった。シニアでなくジュニアの終了証書をもらう。翌朝プランターをパパさんがバーナーで焼いてくれた。
長男の将棋道場見学 できたばかりで新しくまだ畳の匂いがしていた。小学生が将棋に集中していて、お弁当持参して1日中やているとか、驚きだった。将棋の相手ができてよかった。(前年は朝から晩まで将棋の相手をする、というよりは一人将棋をやっているのを見ていた。図書館で将棋の本を5冊借りていた。将棋は相手の考えていることを先へ先へと読み取らなければいなどと言って) 家の中と外とどっちに寝たい、と問われて 庭の木の下の青いテントで寝る。テントは初めて快適。コーヒーも美味しかった。
恒例だった夏休みの宮崎はこの時以来行ってない。次の夏休みは孫の将棋大会で会うことになった。2006年は岡山の倉敷 2007年は神戸、天童、岡山 2008年神戸、天童、大阪、東京 2009年4月神戸 ホテル舞子での将棋大会 今年はどうなるか楽しみだ。




スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/40-4c7da0a3

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード