旅 今日も青空 元気いっぱい

旅の写真をのせて日記風に

Entries

桜の名所 吉野へ Ⅲ 

2009/4/12
西行庵に向かう
譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・140_convert_20090420151824



譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・141_convert_20090420152024
うぐいすの声


譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・143_convert_20090420152354
西行庵行く道は細い。


譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・144_convert_20090420152521



譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・145_convert_20090420152655



譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・149_convert_20090420152829



譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・150_convert_20090420152932
西行庵 平安末期の歌人 西行が25歳頃 3年間過ごしたという。
西行は山里の庵の孤独な暮らしの中から歌を詠んだ。
前はちょっとした広場になっていて昼食、兄弟会でもらったキンカンもいただく。
譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・155_convert_20090421184801
苔清水 西行庵の近く
西行 「とくとくと 落ちる岩間の 苔清水 汲みほすほどもなき 住居かな」

譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・151_convert_20090420153050

ひたすら坂道を下って、
上千本へ
譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・156_convert_20090420153212



譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・157_convert_20090420153318


中千本
譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・164_convert_20090420153446
吉水神社 源義経、後醍醐天皇、豊臣秀吉とのつながりが深い。
おびただしい数の宝物を収蔵している。

譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・166_convert_20090420153906
吉水神社境内


譏守浹蝓趣ス槫翠驥趣ス槫、ァ髦ェ蝓・165_convert_20090420153543
吉水神社 中千本 一目千本の立て札より
吉野駅から阿倍野橋 大阪で1泊。
吉野に訪れたのは2回目 1回目はまだ子供が小学校の春休み飛鳥を見て、ロープウェーで上り、吉野山荘(今はない)に1泊 まだ桜は咲いていなくて、どんな桜が咲くのか想像して歩いた。どこもきれいで、なぜか、ほっとするような、日本の故郷のような気がした。下りてきて蔵王堂を見学して帰る時、粉雪がまいはじめた。ことなど思い出される。吉野は西行法師、松尾芭蕉、多くの人に詠われている。静御前 「吉野山 峰の白雪 ふみわけて 入りにし人の 跡ぞ恋しき」
もしまた機会があったら、静かな紅葉の秋に来たい。
スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバックURL
http://ri41ti37s11.blog23.fc2.com/tb.php/52-4af0676e

左サイドMenu

最新記事

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード